スパーキー佐藤の早漏革命

スパーキー佐藤が教える超早漏対策の概要

スパーキー佐藤の早漏革命は、実践者の数が数千人から1万人以上もいると言われる早漏対策マニュアルとしては日本一売れている動画教材です。
2009年に発売開始してからほぼ10年になりますが、発売開始から今まで早漏対策部門の教材としてずっとトップを走ってきた事実から日本には早漏を気にしている男性が非常に多いのだと実感できます。
当時はPDFファイルで数十ページだらだら解説したタイプのものが多かったのですが動画を取り入れたというのも当時としては画期的だったのだと思います。

 

 

スパーキー佐藤の早漏革命を実践した方々のレビュー

早漏改善によいとされている一般的な方法は全部試しました。
ほとんどが実感がない、あるいはなんとなく効いている気がするものでも、そう感じるまでの何ヶ月もかかったり、すぐに元に戻ってしまうなど、満足できる方法は一つもありませんでした。
AV男優さんの方法というのは初めてでしたが、これは本物だと思います。非常に効果的を感じます。

 

難しい方法は長続きしませんが、スパーキーさんのやり方は簡単でした。
続けられますし、時間が経つにつれて効果が出てきているのが分かります。始めてみてよかったです。

 

前戯もさほど上手くないのに挿入したら5分もしないうちに射精ですから、セックスは僕にとってストレスになっていました。
なので、早漏を解消することは急務でした。
鍛えたりいろいろしてきましたが、こんなに簡単ですぐに結果が出る方法があるんだったら、もっと早く手に入れておけばよかったです。

 

最初の5日間はよく分かりませんでした。
6日目、自慰行為の最中に「ん?」という感覚があり、風俗で試してみたところ、挿入時間が明らかに変化していることに気づきました。
それからの変化は非常に早いです。目標の20分のフルピストンまであと少しです。

 

複雑な気持ちです。というのは、こんなに簡単にできることを知らず、この年まで何もしないで早漏の言い訳ばかりしてきたからです。
ホントにもっと早くこの方法に出会えていれば……。
これまでの人生で早漏であることはかなり苦痛でした。
それが対策してみてはっきりと分かりました。
今では15分の連続ピストンもできるし、自分で射精のコントロールができています。
嬉しい反面、なんでもっと早く……という後悔もありますね。
でもこの方法に出会えた自分は幸運です。感謝しています。

 

スパーキー佐藤早漏革命の公式サイトはこちら

 

スパーキー佐藤が教える早漏対策は3つ

早漏革命の教材内では3つの早漏対策が紹介されています。
このうち知識として持っておくだけでOKな部分と簡単なトレーニングに分けられます。
刺激対策はトレーニング、興奮対策は知識、射精対策は知識とトレーニングという感じです。

 

刺激対策

ローションを使ったオナニートレーニングなどが紹介されています。
亀頭マッサージ、カリの鍛え方、逆手しごきなどの実践法を学べます。
特に刺激に敏感な方には効果が期待できると思いますが、刺激対策だけで早漏が治るかというとほとんどの方はそうではないはずです。
やはり重要なのは興奮対策の部分だと感じました。

 

興奮対策

この興奮対策がほとんどの人にとって一番重要ではないでしょうか。。
早漏を自覚している多くの男性が興奮度の高まりによって後戻りできなくなり射精までの時間が短くなっているはずです。
この興奮対策では今、自分がどれくらいの興奮状態にあるのかを自覚して、それにあわせた対処法を学べます。
興奮度を自らの意思でコントロールするということです。
これは多少のl慣れが必要ですがここをマスターすればほとんどの早漏は防止できるんではないかと感じます。

 

射精対策

射精対策は興奮度が高まり射精寸前にまで追い詰められた状態から射精までの時間を少し延ばすテクニックが紹介されています。
荒業で強制的に寸止めするテクニックも紹介されていますが、一般の方には必要ないと感じますし、教材内でも推奨もしていません。
またPC筋のトレーニング方法も一応解説されています。
実は公式HPではPC筋のトレーニングを否定しているような記述も掲載されれていますが射精時間を少しだけ遅らせる最終調節、時間調節程度の効果は得られるとも書かれています。
PC筋が弱まってくると尿意を我慢えきず漏らしてしまったりしますので、紹介されているトレーニングは早漏対策としてだけでなく一般生活にも長い目で見れば役立つはずです。
やりすぎは要注意なように感じます。
ある日、蟻の門渡りあたりに猛烈な違和感を感じ、その夜中にはモニカ病を発症してしまい、しばらく寝付けませんでした。
なんかの病気になったのだろうと、泌尿器科、肛門科で診察してもらいましたが、何も異常なし。
このPC筋のトレーニングのしすぎでその周辺の筋肉が筋肉痛を起こしたのか?軽い炎症を起こししまったようです。

 

※モニカ病とは星野源さんが名づけた病名のようなものらしい。正式には特発性肛門痛の可能性が高いそうです。
アリの門渡(とわた)りあたりに突然、つったような痛みが発症し吉川晃司さんのデビュー曲『モニカ』を歌っているときの動きに似ていることから名づけられたそうです。

 

早漏革命の特典について

実はスパーキー佐藤の早漏革命では本編動画よりも特典動画のほうが時間にすると長いです。
早漏に関係するノウハウは川本さんの早漏対策しかありませんが、この特典はかなり良い内容だと感じました。
また一条さんの絶倫マニュアルも職業としてのプロの絶倫ノウハウが聞けますので、勃起力の弱さを感じている方には役立つと思います。

 

 

お読みくださりありがとうございました。
早漏に悩んでいてスパーキー佐藤の早漏革命を購入される方の参考に少しでもお役に立てれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

page top